derric.org

今日の夕飯 2/12

| トラックバック(0)

20060212_dinner.jpg

・ご飯

・豚肉と野菜の炒め物

・エビワンタンとチンゲン菜のスープ

・キムチ奴

・めざし

 

今日はいなげやで買い物。豚肉が半額だったので購入。

炒め物は、ジャガイモ、ニンジン、アスパラガス、しいたけを

フライパンでしばらく空焼きして焦げ目を付け、

塩とオリーブオイルで軽くまとめて一旦外に出す。

 

豚肉はオリーブオイルとクレイジーソルトで炒めた後に

酒を少し加えてやわらかくする。肉と野菜を合わせてバジルを振り、

最後に酒、醤油、バルサミコで味を調える。

 

ご飯はここ1、2年くらい土鍋炊き。

一人暮らしだと炊飯器を置くのが邪魔で、でも白米が食べたくて、

家にあった小さめの土鍋で炊いてみたら結構簡単においしく炊けたので

それからずっと。火にかけるのが17分で、蒸らすのも17分。

最初は強火で、一度沸騰したら弱火にする。17分経ったら火を消して、

後は待つだけ。結構簡単。

 

最近知ったんだけど、米はあまり研がない方が美味しいらしい。

最近は精米技術が発達したから、白米の状態で十分きれいなんだって。

だからそれ以上研いでしまうと、逆にぬかが全部落ちてしまったり、

米をこわしてひび割れた状態になったりしてしまって、噛んだときに

甘みが出ない。美味しく食べるには、さっと洗うだけが良いそう。

 

スープは、かつおだしと中華スープを合わせて、しいたけ、えのきを

入れる。酒、醤油、粗挽き胡椒、ごま油、酢で味を調え、チンゲン菜、

ワンタンを入れてひと煮立ち。最後に白髪ねぎをのせてすぐ火を止める。

 

キムチ奴とめざしは定番。

キムチ奴は、豆腐を手でくずしてキムチをのせ、煎りごまを振り、

ゆずぽんずをかけるだけ。めざしは、少し焼き過ぎなくらいまで両面を

良く焼く。頭や骨も全部食べたいので。

 

いわしは安くて美味いのでホントに幸せ。

とくに冬場は旨みが凝縮されてる感じですごくいい。

ご飯も美味いし、酒にも良く合うし、最強。

 

確か九州だったと思うんだけど「ほほたれ」というのがあって、

要は片口いわしの丸干しなんだけど、ほほが垂れるほど美味しいから

「ほほたれ」。愛農という無農薬の食材を扱うお店から仕入れたものを

良く行く亜細庵という居酒屋で出してくれたんだけど、もうホントに

ほっぺたが落ちる美味さ。たまんない。僕も愛農さんから仕入れて

毎晩食べた。この幸せはきっと食べた人にしかわからない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.derric.org/mt/mt/mt-tb.cgi/4

ページトップへ